<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
稽古場にて、誰かが言った
「ちょっと筋肉痛なんだよね」って。そうしたら「俺もってちょっとだけ」って人がいて、それを聞いた僕は「えぇ〜マジで?あれくらいで」的な発言を生意気にもしてやったのだけれど。

今日の朝、体が痛くて目が覚めました。バシバシのガチガチです。本当こんなの久々。

さっきの発言をしていた彼女や彼より僕の方が年下なのに、一日遅れできたのかしら?っていうか、体が本番まで持つのか不安です。

R30が多い、こんかいの出演者。踏ん張り時です。

少しでも楽しいものになりますように…最終的に神だのみかっ!!
[PR]
by tensaihotel | 2008-10-24 22:32
2×2×2×…
カヨフキは大概、双子のふりをして近所の大人達を見張ってるんだ
理屈や理論を振りかざす大人にいつの間にか勢いって素晴らしいと思わせてしまう
稽古場から帰る電車の中で子供の双子のふりをして大人達を
見張ってる 調べてる おもしろ大人を探してる
見張ってる 調べてる おもしろ大人を探してる
(ゆらゆら帝国 3×3×3を真似させて頂きました)
a0037279_1029298.jpg
左が富貴子さん、右が香与子さん

前回に引き続きカヨフキの話題。というか紹介。
彼女らは(痒いよ、かよちゃん と 拭き拭き、ふきちゃんでおなじみの)佐々木香与子と佐々木富貴子 東京ネジという団体で活躍する双子です。

結構前にこの団体に出させて頂いた時にも紹介しているかも知れないですが、この双子とは大学時代からの友人です。えーかれこれ、◯◯年経ちますが。

とにかく面白い。そして面白エピソードを持っている。

妹は自由奔放、その道の軌道修正が姉の役割
姉はシャイで、それを和ませるのが妹の役割

けして決まっている訳ではないけれど、時と場合によってお互いがお互いをフォローしていく。だから2人の褒めあいは本当にうっとおしい。
そして1+1ではなくて、パワー的には2×2×…と周りも巻き込んで巨大化していく。

そんな彼女らとは正反対?の癒し系が
森政治さん。某シーで働いてらっしゃいます。踊って、踊って、踊りまくられてるようです。現状はお休みのようですが、12月からはまた踊られるそうなので、シーへ皆様レッツゴーでございます。
森さんの話を書くと丁寧になります。

稽古前にストレッチをしきって頂くのですが、なんせ物腰が柔らかい。

そしてとにかく謙虚でこちらが申し訳なくなります。ストレッチも仕切り終わったら「ありがとうございます」と言うんです。いや、仕切ってもらってる側のこちらが言うんなら分かりますけど、森さんが言うんです。で、体のかたい僕たちが「うぅ〜」なんてうめき声を上げたら、「大丈夫ですか?やめましょうか?」という心配っぷり。本当申し訳ありませんって気持ちになります。

そんな森さんはジャンクフードが大好きらしいです。

僕の実家の近隣の市に住んでいて、20年くらい前の話で盛り上がったりしました。でも、そんなときでも物腰は柔らかい。カルシウムが足りないとイライラするものですが、森さんはきっとジャンクフードでもカルシウムをがっちり摂取する事が出来るのだと思います。
a0037279_117468.jpg
カヨちゃんフキちゃんは剛、森さんは柔。そんな稽古場は本当に笑いが絶えない稽古場です。今までで、外の現場も合わせて1番笑ってる稽古場のような気がします。
気を引き締めなくてはと思いつつ、にやりとやはりしてしまいます。

あ、チケット販売開始になりました。こちらのネクストから予約する事が出来ます。

小林
[PR]
by tensaihotel | 2008-10-17 11:11
あはははは!!!
あはははは!
いやぁ笑いがとまりません。

すごいですねぇ、東京ネジのかよ・ふきちゃん。
ものすごい怪女優、まさに天才です。

稽古場では彼女らの自由に触発された
俳優達が生き生きと「生きて」います。

アフリカ?

よりよく、より人とコミュニケートしやすく生きるための
モデルタイプになる理想像を人って常に探すもんですが、、
瞬間ではありますが、なくなりますね。
誰しもが「日常で演ずる苦痛」をうまい事放棄出来る
ものすごく自由な現場です。

こうなると人が何故「不幸」を感じるか、
何故「不幸」につかまるかについても改めて考えられる。

日常社会での「演ずる自分」への嫌悪感。
これを理性的に捨てられるのは演劇ならでは。

乞食と芝居は3日やったらやめられない

本当ですねぇ。

それにしても…
あれだけの怪女優に負けない俳優人達のエネルギーと
「強さ」は本当にすごい。

思い出しただけでもにんまりしちゃう
おほほ おほほおほほおほほほほほほ

智恵
[PR]
by tensaihotel | 2008-10-15 04:54
いよいよ始動
とは言っても、稽古の事ではなく物件探しです。しかも劇場とかじゃなくて、自分の家。

昨日は2件の不動産にて9件の物件をみました。我ながらかなりみたなぁ。そのうち一件はなんと同じ物件で、そしてもう一件は本日決まってしまったという物件。決まった物件を見るなんて全く意味がない。こりゃ、たんなる突撃隣のなんちゃらみたいな気分だななんて思った。

そのどちらのミスを犯した不動産は2件目で、「直前にチェックをしなくてすみません」とか「ちゃんと物件の名前を教えれば良かったです」とかごちゃごちゃと言っていた。「ま、歩きじゃなくて自転車で良かったですよ」なんて僕も返したけれど…。

あまりにも不発だったから、2件目の不動産屋も焦ったのだろう。1回会社に戻ってチェックしなおすとか言って、チェックして結局さっき行ったじゃんって近くまで戻る。ただし次は車で。(だったら、最初から車で行きましょうよ)

その車不動産屋の内見にはふさわしくなくでかい。一方通行が多く、細い道が多いその近辺。道を間違えては、何度も切りなおして戻ったりなんなり。「最終的に近くの駐車場に車を置いて歩いて行きます」だって。

駐車場で最終的に後ろをコインパーキングの目印の棒にぶつけ、2人とも蒼白。

ガッツリテンションの下がった不動産屋さんに家を見せて頂く。

更に不発だった不動産屋さんは、次の物件を見るには一時間待って頂かないとなんて事を言い出し、一時間外でご飯を食べて戻って来たのだけれど、管理会社は来ず。待たされる。なのに内見後やたら、物件はすぐ無くなるからと今日中に決めろと迫ってくる。

面倒だから軽くキレてやろうかと思ったけれど、我慢して今度電話しますと一言。

面倒なヤツだった。でも、もうそろそろ決めないとヤバいなぁ。

今回の劇場は意外とすんなり決まったのに。
新宿村スタジオLIVEです。地図も載せておきます。携帯用なので縦になってますが。こちらです

見れない場合の事を想定して、説明すると。丸の内線西新宿1番出口を出て頂き、青梅街道をそのまま中野坂上方面へ歩いて頂きます。そして右手に薬のヒグチ、もうやんカレー(ランチがお得です)寿楽というラーメン屋があってその次の角を右です。(角は工事中で目印の建物がないのです)そのまま真っ直ぐ行って頂き、5叉路のところを左。(この時点で新宿村スタジオっていう文字が見えると思います。)建物と建物の間に新宿村スタジオLIVEっていうのがありますので(ちょっと見えにくい)注意して下さい。それでは11月14日〜16日までお待ちしております。あ、10月15日〜のチケット販売です。ではでは。
それまでに、物件を見つけたいコバヤシでした。
[PR]
by tensaihotel | 2008-10-12 10:27
告白
湊かなえという人の「告白」という小説を読みました。

これ面白い。あまり小説を読まない僕ですが、これは本当面白くてスラスラ読みきってしまいました。

藪の中を読んでいる気分になった。
色々な立場からものを見ていきましょうみたいな、構造主義という思想が蔓延し始めてから物を言う事が非常に言いにくくなった。と僕は感じている。

立場を代えれば、感情移入する人物が代わって悪い人物にもそれなりの理由があるという事が分かる。

それは日常のよう。けれど、この本では、悪い事は悪い。という事を声を大にしていっているように僕には見えた。

ま、僕にそういう考えがあるからかも知れないけれど。

全ては偏見であり、真実なんてどこにもない。みたいな考え方を誰も彼も、もちろん僕も持っているから、なかなか進みだせず、結局、やったって無駄でしょみたいな感じでテンションも下がる一方。それは子供にも蔓延しているのだろう。子供にこういった知を教える必要があるのだろうか?世の中がそうだからしょうがないんだろうけど。

善悪というその都度かわるものこそ丁寧に考えなくてはならない事は分かります。だけど、秋葉原の事件とか大阪の事件とかその人達の精神鑑定が必要というのがやっぱり分からない。そもそもそういう人間を擁護する事を考えるなら、何故刑務所は、精神病院はあるのだろうか?という事にも繋がるのだろう。

ま、偏っているのは分かります。でも、悪い事は悪い、いい事はいいって言える価値基準をせめて法律判断だけじゃなくて持っておきたいと思うのです。
そんな事を考えさせられる本でした。
そんな事より台本読まなきゃ。

小林
[PR]
by tensaihotel | 2008-10-09 03:27
小さな唐辛子
本日の稽古中一瞬だけ、劇団員の麗泉さんと、今回出演する佐々木さんの誕生日が2,3日過ぎたという事で(だいたいな感じですが)唐辛子を劇団からプレゼントをしました。

唐辛子?あの辛いヤツ?いえいえ、そんじょそこらの唐辛子とは違います。

なんととうがらしの花?草?をプレゼントしました。

へぇ〜こんなんあるんだぁって思いました。食べられるらしいです。しかも赤くなるまでにかなり色々な色がありました。黄緑→薄紫→オレンジ→赤だと思います。写真だとボケまくってよく分からないかもしれませんが…。結構華やかです。
a0037279_4242239.jpg

パスタとか麻婆豆腐とか、なんなら寒い日の靴の中にでも、ちょっと必要な時にないのが唐辛子ですもんね。備えあれば憂いなしです。

緑もふえーの、食べる事もできーので、地球に優しい。

皆様もよかったら試してみて下さい。これも一種のエコですね。

小林
[PR]
by tensaihotel | 2008-10-07 04:38
さっさと
キャストを紹介していかないと後々泣くはめになるのは分かっているのに中々ぐずぐずしている小林です。

グズと言えば、この本番前の忙しい最中になんと引っ越しをしなくてはならなくなりそうです。いややわぁ〜。更新が出来ない理由があって…。ザ、騒音です。人的な。で、結局もめてもしょうがないから(既にもめたのですが)心機一転、この倉庫のような家から脱出をはかろうと思います。もめた時にさっさと出とけば良かった。

体力的に大丈夫なんだろうか?肉体的にも金銭的にも…。
そんな事を言っていてもしょうがないので、不動産屋に行ってきました。

やたらと色の黒い不動産屋で、かなりチャラかったです。
口癖は「こんな事(不動産屋の自分が)言っちゃいけないんですけど…」です。

「不動産屋が貼ってる間取りの紙はいい加減ですよ。」とか「今の時期なら少し落とせる(家賃を)と思います」とか色々言っていました。

「こんな事言っちゃいけないんですけど」で今まで信用を得て来たのでしょう。

でも僕は、そのチャライ格好を変えればいいと思いました。結構一生懸命調べてくれたし。

なんにしても、やたら積極的な不動産屋で、ヒゲの生えた僕をバックパッカーですよねと決めつけ、そんな奴は外観にはこだわらないと決めつけ、お金はあるんですか?と疑い、最後にはこの物件で決まりでしょ。ぐらいの勢いでした。

それはまるで、みのもんたの朝ズバッ!くらいの思い込み方で、それくらいの色の黒さでもありました。

僕は、もう少し考えます……と煮え切らない態度でその巣窟を後にしました。


追伸 ともえさんと僕がおすすめするパスタ屋さんで、何故かタロット占いまで始めました。つーか、そんな事よりメニューを増やせい!

本当にどうでもいい事を書いてしまいました。小林
[PR]
by tensaihotel | 2008-10-06 02:08
1つの仕事
何とか終了!
やったぁ〜!!

休憩したら…編曲ナンバー整理だぁ!!

急げば今日中に終わるんじゃないか!?
そしたら演出プランに行けるんじゃないか!?

ひゃ〜!!

智恵
[PR]
by tensaihotel | 2008-10-04 23:23
頭痛
腹痛

皆たまに偏頭痛とか言っている

私…最近、頭痛とかないなぁ

お酒飲み過ぎて痛みを感じてる暇がないのかな?

そんな私が禁酒3日目

あまりの忙しさで酒を飲んでる余裕がない。
でも別に体調は良くない。
良くないどころか酒でだばだばしてる方が良かったり感じる。

不思議ねぇ。

智恵
[PR]
by tensaihotel | 2008-10-04 15:29
坂東玉三郎
坂東玉三郎が語る

泉鏡花作 天守物語

歌舞伎役者の坂東玉三郎さんによる紋付袴で行なわれる語りのコンサート

このチラシをふと見たら、
朗読:坂東玉三郎
笛:藤舎名生
ト書き朗読:山本昴尚

と、三人の名前のみがならんでいました。
笛の人は人間国宝。

昴尚君、すごいねぇ。
うちの劇団によく遊びにきてくれる仲良しです。
改めてちらし見ると「わぁっびっくりっ!」と感じました。

応援してます。
頑張って!

智恵
[PR]
by tensaihotel | 2008-10-03 07:06