<   2007年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
どこの団体も
大体チラシにロゴ的な物を入れていますね。
という訳で、こないだから入れてるのですがこのブログの横になるのを天才ホテルのロゴにしようかななどと考えてます。僕らの作品のように、ちょこちょこ変えていくかも知れませんが。

この間、日本の大罪、数人の笑えないコミュニケーションのビデオを見た。失明する世界とは全く違ったテイスト。レジドロパットとも違う。とにかく僕らはここ最近年間1回大きな劇場(とは言っても小劇場だけれど)で、年間数回小さな劇場(またはレストラン、クラブなども含めて)で公演をうっている。

大きな劇場でやる公演(以下本公演)は、終わった後かなり引きこもりたい状態になる。小さい劇場(以下番外編)でやる時も体力的にはかなりカツカツだったり、予算もカツカツ、生活もカツカツと大きい劇場でやるのとは変わりはないのだけれど。演劇の楽しさを認識する芝居を番外編で、僕は心がける。本公演はどうしたって、数多くの事に追われ過ぎ、いっぱいいっぱいの演劇になっている気がする。それでも僕の演技的キャパシティーは大きくなっている気もしなくもないのだが…。(あくまでも、上手くなったとかそういう事ではなく)

そして作品も本公演と番外編とでは内容がだいぶ異なる。一貫している所はあるのだが、テイストが違うのだろう。そのなかなか固まらない方向性は天才ホテルの今の所売りでもある。

お客様はどうもこういった作品を観に行く、的な傾向があるのだが。僕らを観に来てくれるお客様は、まず喜劇か悲劇かといった大きい枠組みから確かめなくてはならない。

きっと売れる団体って言うのは、大体色が決まっているのだけれど。分かってはいるのだけれど、まだ成長過程の僕らは数多くの未来を残しておきたいと思っています。(年齢的に厳しいですが)
そんな訳で、皆様私たちの成長を見届けて頂きたいと思った次第であります。
[PR]
by tensaihotel | 2007-01-28 02:25
お久しぶりです
このブログほぼブログとしての機能を果たしていないですね。

これからは公演がしばらくないので、皆様に忘れられない為にも、書いていこうと思います。せめて週一回くらいは…。ゆるい…。自分に甘い小林です。

本当に失明する世界に御来場頂いたお客様ありがとうございました。あの公演は、個人的にも団体としても非常に勉強になる舞台でした。
なんせ出演者が多いので、稽古の段階からお客様に見られているような緊張感がありました。しかも稽古場をぐるっと囲む出演者達。逃げ場は無しでございます。それでも、やはり隙は生まれてしまうのだと痛く反省致しました。
アンサンブルの人々にどうやって負けない集中力を持つかが僕の課題でもありました。連日の稽古、稽古でこのままでは満身創痍で舞台を行なう事になるのではないかと不安に思う程数多い稽古をアンサンブルを含め全員で行なってまいりました。

バンドの方々にも引っ張ってもらい(僕はえらく迷惑をかけたりしましたが)無事公演がうてた事は本当に嬉しく思います。とにかくバンドの方々のエンターテイメント性、数多く学ぶ所がありました。なんせスッとしています。語弊があるかも知れませんが、世界と対峙しているようにおもえました。

とまあ、今更ながら感想を書いてしまいました。これを毎週書いても良いぐらいネタはつきないのですが、今日はこれくらいにして宣伝をさせて頂きます。

天才ホテルではないのですが、3月4日に舞台に出る事になりました。怪物がめざめる夜ゴールデンという団体に出演します。場所は下北沢の「劇」小劇場という場所です。破壊力抜群の作品です。詳細はまた改めて書かせて頂きます。久しぶりのブログ、宣伝ですみません。

そして、天才ホテル福岡支部の憐丸(あわれまる)こと藤城さんが東京に戻って来る事になったらしいです。天才ホテルの舞台で数々の伝説を残した方なので、今後舞台で共演出来たらなぁと思っています。今から楽しみです。次はどんな伝説をつくるのか?皆様も楽しみにしていて下さい。
いきなりハードルを上げてすみません、福岡支部長。では、また。

あっ、youtubeなんですが、http://www.youtube.com/watch?v=x9YTxff3pHU
これをみて演技について少し考えました。くだらないですけど、お暇でしたら見て下さい。面白いですよ。
[PR]
by tensaihotel | 2007-01-23 04:48