> 以前の記事
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
> フォロー中のブログ
> HP top
http://www.geocities.jp/tensaihotel
<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
〜 m i z u 〜
 YAMAHAエレクトーンシティにてのヒーリングパフォーマンス

mizuも無事千秋楽を迎えることができました。
足を運んでくださった皆様ありがとうございました。

今回の公演はそれにしても実験でした。
私(作・演出の佐藤です)の範疇にあまりないお芝居を書いたので
最終形態が見えないままやっているというか…

 2部がとにかく最後まではらはらどきどきでした。
お芝居だけど、何も事件がおきない。そんなものを書いていいのかなぁ…と。

 1部では、「癒し」を求める、感じるには「苦難」を知ることが必要で
だから「死」という恐怖を前半で表現し、後半では誕生の喜びに包まれる。
そして音楽的にも振り付け的にも、「痛い」ものから「癒し」のものへと変化する過程になっているのですが
2部は「事件」を起こすのではなく、キャラクター(加納薫演じる主役)が
都市社会での「自己実現」を求めている状態から始まるので、
事件は既にキャラクターに含まれている、という等身大の人間の状況をそのままに受け入れた感じ。
そのキャラクターが事件を起こすのではなく、社会と時代に翻弄されていた自分がそれに疲れて癒しを求めていたという事に気付き、
改めて、いかに生きるかを考える…というだけのストーリー。
 テーマはあるけど事件は起こらない。
「これで伝わるのか?」
ずっとこの考えのまま稽古をしてきたけど、
2日目、俳優にリラックスが生まれたらストーリーが少し生まれてきた。
 何も事件が起こらない話なんだけど、少しストーリーが見えたってことは、
何とかこの話も成立する方向へきたのだと。

 そうなったら、この方向も研究してけば面白くなるかもなぁ…と。
そういった意味で、私の中にまっったく無いタイプの脚本を書くいい経験になったなぁ…と。

 ひたすら表現を追求していきます。
数多くのいい意見、感想ももらいましたが、今回は久々に悔いもたくさんある。
だからこそかあなぁ。
終わってみたらモチベーションが一気に上がった舞台でした。
次回も挑戦を続けていきます。

今回の御来場、まことにありがとうございました。

演出 佐藤智恵
 
 
[PR]
by tensaihotel | 2008-08-29 03:22
あと1週間となりました
照明さんも、音響さんも忙しい中見にきて頂いております。なんせあと1週間ですから。


照明さんは漢字検定でもお世話になった、木村さん。そして音響は久々に関わって頂く牛島さんです。
牛島さんは李香蘭の歌を歌わせたら、天下一品です。今回それを披露する事は出来ませんが、そんな機会があればいいなぁなどとおもっております。本人に断られる事間違いなしですが。

牛島さんの写真を載せておきます。劇場で捕まえて歌ってもらうのもいいかもしれません。


a0037279_1823576.jpg

[PR]
by tensaihotel | 2008-08-19 18:29
   

天才ホテルの従業員達
by tensaihotel
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧