> 以前の記事
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
> フォロー中のブログ
> HP top
http://www.geocities.jp/tensaihotel
<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ワークショップ俳優かっ!
明日からまたもやワークショップへ行ってまいります。今回はNYへ行ったときと同じ位ワクワクわーくしょっぷです。駄洒落です。

ホームページのディスコグラフィーのレジドロパット〜太陽売り〜(長い)の写真を少し追加しました。舞台美術とここ最近ヘビーローテーションの針金作家橋さんの作品を少しだけ。ちなみに明日まで松屋銀座にてって、もういいか。興味のある方は前回の日記を。

まだまだ演技の技術がおぼつかない事にひどく動揺を覚えた、昨日でした。
精進あるのみですなぁ〜。

小林
[PR]
by tensaihotel | 2007-08-26 10:33
昨日のはなしだけれど
橋さんの作品展に行ってきました。
橋さんは本当に丁寧に色々教えて下さいました。巨大なオブジェを作った時の話とか、この作品のここはこういう風に作ってるとか、いろいろと。

僕が気に入ったのは、水面とその水面下が見えるものでした。(題名は忘れてしまいましたが)

上から見える水面下のクラゲやら魚やらと、やはりしたから見える雰囲気は違うものでした。

そしてなによりもライトアップされて下に映し出された影が非常に綺麗でした。太陽光を反射させる水の波紋を思わせるものでした。

ディテールにもこだわった作品でした。小さいカエルが飲んでいるお酒は”のみすぎ〈生〉”としっかりした商品名もついてたり、細かい部分の遊び心もありますので、皆様もお時間ありましたら、是非。27日まで松屋銀座にてやってます。
[PR]
by tensaihotel | 2007-08-24 15:13
ほんと久々
天才ホテルとして打ち合わせがてら飲みました。
残念ながら全員ではないのですが、まぁ結局単なる飲みだから何が決まったとかはないのだけれど。

そこには九州支部長の憐丸こと藤城さんもきて、なかなか集まらない人が揃った感じ。そして次に持ち越しになった、藤城さんと櫛田さんのご対面。同じ劇団員でも、まだ顔をあわせた事がない!?どんな団体だ!

藤城さんもとりあえずは九州留学を終えたので、次の公演はスケジュール次第で出演するのではないかと思われます。

そしてホームページにも近々写真を載せます。

本当はこの間のテーマとかメッセージについて書きたかったんだけれど、今日はこれまで。

夕方にはレジドロパット〜太陽売り〜で針金のオブジェを作ってくれた橋さんの作品展に行ってこようと思います。
8月14日(火)〜8月27日(月)まで  松屋銀座7階・遊びのギャラリー にて 10時〜20時/最終日17時

レジドロを観た方も観てない方も是非銀座へ。
[PR]
by tensaihotel | 2007-08-23 08:14
テーマのある舞台
最近伝えたいものを感じる舞台をよく観る。一時「メッセージ性なんていらない」みたいな事をよく小劇場の中では耳にしていました。

その都度、何の為に舞台をやるのか?と言う事を考えてました。お客様のため?確かにその当時は何もなくても、笑えればいいというお客様が多かった気がします。でも、僕は観る時にテーマがあるものを望みます。こういうお客様は無視しているわけです。

個人のやりたい事をやるというのがメッセージなのか?それも違う気がします。もちろんやりたいからやるのですが、メッセージというものは言伝なわけで、どうでもいい事を残されてもお客様の立場としては困るのです。「だから?」と言う事になります。

メッセージやテーマ的なものは本当に個人が熱く思わなければなかなか生まれるものではないと思います。安易な普遍的テーマを持ってきたとしても、借り物は借り物としてしらけてしまうし。

演出はもちろん、役者はそれらを生かす事も殺す事もできる立場にいて、それは恐ろしい事だと思います。適当にやればせっかく生まれたテーマもメッセージも簡単に死んでしまう。
では、必死にやればいいのか?と言う安直な考えも生まれるけれど、それは大前提であって、技術も経験もやはり必要になると思う。

その為に”続ける”事がメッセージやテーマを伝える一歩だと折れてしまいそうなものを支えながら、想像に拍車をかけたいと思います。

歯に衣着せた書き方でより分かりにくくなった気がしますが、なかなかどうも…。
小林
[PR]
by tensaihotel | 2007-08-19 15:31
OH MY GOD
信じなければ救われないっていう何ともふざけた名前の公演をしたのですが、その公演のディスコグラフィーを追加しました。とくにたいした事は書いてないですが、良かったら見てやって下さい。

いやー若かったなぁ。あんなに今踊れるだろうか。あの頃の神谷さんの年齢にやっと僕はなったけど…。
なんにしても、今はピンクのカツラきっと似合わない。若さっていとおしものだなぁ。
[PR]
by tensaihotel | 2007-08-12 08:35
 ドゥールーズ
 流動の哲学

職場で久々に思想を感じる人と出会った。
しかも二人も。
それで何も話してないのに何となく「ドゥールーズ 流動の哲学」を手にした。

水面を泳ぐのはたやすい。でも5マイルも潜れるのは鯨だけ。
思考するとはそれだけの領域にいく事
運動は大変だけど思考も運動と同じようにもの凄く大変な事。

的な言葉を読んで(冒頭)めちゃめちゃ感動した。

人との出会いで刺激を受けられて嬉しい。

来週は職場の女の子と温泉。出会って4日目位だけどそれも嬉しい。
最近、やっと書き始めた。骨折前に書いていたものはまぁまた今度。
今は恋愛と欲望について書いてます。

全ての願い、欲求を叶えてくれる恋愛相手ってどんなものかなっていう話。
どんなもんでしょうね

       作・演  智恵
[PR]
by tensaihotel | 2007-08-04 04:03
銭湯めぐり
中野坂上近辺には意外といい銭湯がたくさんあります。
最近のお気に入りは中野区ではないけれど中野坂上から歩いて10分位の「羽衣湯」。
ビル銭湯で、プールみたいなタイルが清潔感あるし、エステバスの充実もいいし、サウナもあるし、休憩室もあるし、さらにロビーではビールを飲みながら漫画を延々と読める。。。
 私にとっては結構理想の銭湯。

ビール片手に「はじめの一歩」を読む。
右手を骨折して、親族が急逝して、仕事もしなくちゃで何だかてんやわんやな中、一歩のひたむきさにすっきりした一時でした。

              演出    智恵
[PR]
by tensaihotel | 2007-08-01 18:09
   

天才ホテルの従業員達
by tensaihotel
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
> 検索
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧